飛散防止フィルム

 

地震や台風、竜巻などの災害で強い衝撃や強風で割れたガラスは、鋭い破片となってあたり一面に飛び散ります。破片が直接当たる被害だけではなく、避難する際に飛散したガラス片によって二次被害にあう可能性もあります。

絶対に割れないガラスはありません。万が一の時に備えて、危険な破片の飛散を防ぐ飛散防止フィルムをおすすめします。

災害時には様々な危険があります

 

鋭利なガラス破片が落下して起こる事故

食器棚より中の食器がガラスを突き破ってしまう事例

粉々になったガラス片を踏んでけがをする事例

 

でも、飛散防止フィルムなら安心安全です!

 

 

ご自宅の窓や、オフィスなどに「飛散防止フィルム」を貼るだけで、飛び散ったガラス片による二次被害を大幅に防ぐことができます。

官公庁や大手ホテル、商業施設などはこちらをほどんど導入しております。

地震災害対策として「飛散防止フィルム」をぜひご検討してください。

 

窓フィルムのことなら何でもご相談ください。

専門技師が丁寧にお答えいたします。

24時間受付中!